資産運用を考えたら、まず積立投資を!

1. 私が思う最強の投資法:積立投資

 今回は資産運用に関してお話をしてみたいと思います。巷では、不動産投資やFX、最近ではビットコインなど投資に関していろいろな情報が出ています。ただそんな中、やはり一番は積立投資による長期での資産運用が一番良いと考えています。

それはなぜか?

まずベースとなるのが世界の経済成長です。皆さん、世界の経済に関して今後どのようになっていくかと思いますか?直近ではNYダウが過去最高値を更新し、そろそろ金融緩和でばらまかれ株式市場に流れたマネーがバブルとなり、そろそろ崩壊するのではと言われています。そういったリスクがあるものの、今後20年、30年というスパンで経済が成長していくというスタンスであれば、積立投資を始めるべきです。

そんなこと言っても、高値で買ってしまったらどうなるんだと思われるかもしれませんが、それは短期売買の時にのみ問題になります。短期売買では安いところで買って高いところで売るという「タイミング」が重要になります。だが、積立投資ではそれはあまり関係ありません。積立投資では、一定の頻度で一定の金額を買い付けるという方法を採用し、高い時には口数が少なく、安い時には口数を多く買えるという「ドルコスト平均法」が働くため、タイミングはあまり関係なくなります。

実際問題、一括での投資の場合、例えば日経平均が20,000円の時に買い、10,000円まで下がり、もし20,000円まで戻ってきても買値に戻ってきただけになりますが、もし積立投資を行っていた場合利益がでます。なぜならば、一定の頻度で一定の金額を買い付けているため、資産の価格が下がれば下がるほどそのときに安く買うことができ、価格が戻ってきただけでも安く買ったときの分で利益がでるからです。そういった意味では、価格が下がれば下がるほど、積立投資ではおいしい思いができると考えてもよいかもしれません。ここでは一定の頻度という言葉を使わせてもらいましたが、月に一度購入というのが一番現実的です。

 

2.では実際にどうやって積立投資を行うか

 まずは証券会社に口座を作ります。どこでも大丈夫ですが、ネット証券のほうがコストがあまりかからず金融資産を購入することができます。

次に購入する金融資産を決めます。ベースとなるのは、投資信託で、その中でもインデックスファンドになります。まず投資信託を選ぶ理由としては、少額からでも投資ができるからです。投資信託の場合、1,000円から投資ができるものもあり、積立投資には非常に向いています。似た商品でETFとよばれるものもありますが、ETFの場合、最小購入価格が決まっており、細かい金額での売買がしにくいというデメリットがあります。

またインデックスファンドにする理由はコストが安く、安定的な資産形成に役立つからです。そもそもインデックスファンドとは何でしょうか?インデックスファンドとは、あるインデックス(指数)に連動することを目的としたファンドです。例えば日経平均株価TOPIXといったものがインデックスとなります。ニュースでも非常によく聞く言葉だと思います。それだけに、そのインデックスに連動するファンドを購入しておけば、自分の資産が増えているのか減っているのかもわかりやすいですし、何よりも信託報酬と呼ばれる投資信託を持つうえでのコストが安く済みます。(この話はまたどこかで行います)。またインデックスファンドには分散投資という効果も期待できます。例えば日経平均に連動するインデックスを購入するということは、日経平均の構成銘柄全てに投資することと同じことになります。一昔前では大企業と思われていた会社も最近では倒産の危機に瀕することがあります。もしそういった銘柄のみをあなたが持っていた場合、あなたの資産は危機的状況に陥ってしますでしょう。しかし、インデックスファンドであれば、あくまでも構成銘柄のうちの一つなのでダメージは限定的ですみます。それが分散投資のメリットでもあり、インデックスファンドのメリットでもあります。

ここで重要なことは、まず証券会社に口座を開く、そしてインデックスファンドを一定の金額で購入し続けるということです。 

 

3.積立投資で重要なことは?

 積立投資で重要なことは「続けること」です。ここが一番大事です。1番のところで日経平均が20,000円の時に購入して下がったらという例をお話ししましたが、もし途中でやめていた場合、利益はそこまで多くはならないでしょう。いくら下がろうとも続け、また上がり続けることを待つのが大事なのです。だからこそ最初に「今後20年、30年というスパンで経済が成長していくというスタンスであれば、積立投資を始めるべき」と言ったのには理由があります。もし今後経済が成長していくというスタンスがあれば多少の下げは全く気にならないはずです。むしろ、安く買えてラッキーと思えるようになるでしょう。したがって、いかなる状況であっても積立投資はやめずに、お金にはひたすら働いてもらうことが重要なのです。

 

お金は疲れを知りません。あなたの資産形成においてぜひとも積立投資を活用してもらいたいと思います。

 

 

日系企業と外資系企業の面接での大きな違い・共通点

1. 日系/外資系企業の面接で見られる所は大きく異なる

今回は、「日系企業外資系企業の面接での大きな違い」について書いてみたいと思います。私はオファー(内定)をもらえたところ、縁がないとされたところ、数多くの企業の面談を受けてきました。金融機関という括りで言えば、主要な所で受けていない会社はないかと思います。そんな中で、日系の会社と外資系の会社では面接でポイントとしている所が大きく違うと思うので、そこを今回のトピックにします。

2. 日系企業は過去(今までの行動)を重視する

日系の企業は、過去の行動をすごく聞いてきます。あなたはどういう人なのか、どういう人生を歩んできたのかというところです。私は、30を超えていますが、今でも面接に行くと日系の会社さんの場合、どこの高校に行ったかというところから聞かれます。

「高校生活はどうだったか」、「大学では何を学んだのか」、「前の会社で担当していた仕事は何か」、事細かに聞かれます。そういったこともあってか、日系の会社さんは面接の時間も比較的長い印象があります。具体的には、1人の面接官で、1時間ということもよくあります。

またどうしてこの「会社」かということもすごく掘られる印象があります。例えば、赤いメガバンクの面接に行くと、なぜ青い(あるいは緑の)メガバンクではないのかといったことです。

おそらくこの背景としては、日系の会社さんですと部署異動も盛んだからだと思います。仮に為替の部署で入っても、全く違う部署に異動するということは会社都合でよくある話だからです。つまり「会社への愛着」というところをすごく重視します。

つまり、日本の金融機関だと、今までの自分の人生を語り、なぜこの会社でないといけないのかということを前もって非常にクリアにしておく必要があります。

3. 外資系企業は何ができるか、何でチームに貢献できるかを重視する

一方の外資系企業では、少し印象が異なります。もちろん学歴は聞かれますが、高校から聞かれるということはほとんどありません。おそらく日本人の出た高校など外国人からすれば聞いてもよくわからないということはあるのかもしれません。

外資系でも、日系企業と同じで、「大学では何を学んだのか」、「前の会社で担当していた仕事は何か」ということを聞かれますが、それに付随して、「じゃあ何ができるのか」という所を重視されます。ここは日系の会社と大きな違いです。結局、「なぜあなたを雇う必要があるのか」というところを見ています。

また面接時間も比較的短く、1人当たり30分くらいのケースが多いです。この30分の面接で、面接官が1人の場合もあれば、複数の場合もあります。ただ、一般的には1セッション30分で、また次のセッションというケースが多いかと思います。

日系企業では「会社への愛着」が重視されましたが、外資系では「チームへの愛着(適応性)」というところが見られます。外資系では、Hiring Managerと呼ばれる人(通常はそのチームのマネージャー)が採用担当に大きな力を持ち、採用された人は基本的にはその人のチームでのキャリアを目指すことが一般的です。そのため、チームの他の人との相性やチームに何を持ち込んでくれるのかというところを非常に見られます。また日系に見られた会社都合での部署異動は外資系ではそこまで一般的ではありません。部署異動を行う場合、外部の人のように履歴書を作成し、面接を行っていきたい部署に行くというプロセスになるため、日系の会社のように辞令が出て、そこに異動ということはあまりありません。

つまり外資系の企業の場合、あなたは今までの人生で何ができるようになり(どういった考え方をするようになり)、チームにどれだけフィットできるかというかという点が非常に重要な意味を持つようになります。

4. 日系企業外資系企業でも共通するところ

日系企業外資系企業のいずれのケースであっても、見ている所は「あなたを雇ったことは間違いでなかったと思えるところを数多くアピールできるか」というところです。やはり採用には大きな時間とコストがかかります。その中でできるだけいい人材を雇いたいと思うのは当然のことなのです。ただ、どうしても実際に働いてみないと分からないというのが実情です。

したがって、いかにあなたという人材を選んだことが間違いでないと思える箇所が多いかという点が重要になります。そこをうまく状況に応じて説明ができれば、いかなるケースであっても、良い縁に恵まれるでしょう。

 

 

 

その会社の労働時間を知りたいあなたへ

 

1. 無理な労働は転職につながる?

「身を粉にして働きます!」

面接では、そのように言ってやる気をアピールするあなた。

もちろんその言葉に嘘はないと思います。

新しい環境、新しいシステム、新しい同僚、すべてが新しいあなたにとって、学ぶことは多く、やはり努力は必要になってきますが、とはいえ、あまり残業が多く、毎日終電で帰るという生活はちょっと・・・

そのあたりが本音の方もいらっしゃるでしょう。

転職サイト大手のDoda様の調査によると、2016年4月から9月の転職理由として「残業が多い/休日出勤が少ない」が第4位に入ってきています。

doda.jp

f:id:finance_blog:20170314220830p:plain

2. 転職先が労働時間の長い会社かどうかを探る方法

では、この会社は労働時間が長い会社かということは、どのように見分けたらよいでしょうか。

もちろん面接で、「残業が多い部署ですか」と聞くのも一つですが、現実的ではないですよね。

そんなときは・・・

「面接に対応していただける時間は何時までですか」と聞いてみましょう。

これであれば、転職エージェントはもちろん、先方に直接聞くのもそこまで難しいことではないでしょう。

なぜこれがいいかというと、残業時間が多い会社、勤務時間への意識が低い上司であれば、夜遅くの面接でも引き受けてくれるでしょう。

ただこれはあなたの求めているものではないはずです。

3. 夜遅くの面接に対応してくれる会社はいい会社か?

もしあなたが18時には帰宅したいと考えているのであれば、面接への対応時間がこのくらいまでの時間の会社が良いでしょう。

「今の会社が忙しく、そんなに早く面接に行けるわけない」「遅くまで面接に対応してくれる意気込みを見せてくれる会社で働きたい」

そう思うこともあるかもしれません。

ただそれでは状況は変わりません。

私自身、過去に21時からの面接に対応していただいたことがあります。

その前の会社も忙しく遅くまで面接に対応いただけるというのは大変ありがたいと思いましたが、実際入ってみると、終電近くまでの業務が続き、残業時間が長い人ほど仕事をしていると見られる職場でした。

転職は環境を変える場所です。

もちろん勤務時間も一つです。

そのためには、そこは新しい環境に合わせるということも一つです。

ぜひ新しい人生が待っていることを心からお祈りいたします。

 

外資系金融、給与の実態

1. ご挨拶

はじめまして。

私は金融という業界で、日系企業外資系企業を経験してきました。

比率でいうと8割が外資、2割が日系企業といったところでしょうか。

皆さんは、外資系金融機関というと、どんなイメージがありますか?

「激務」「すぐ首になる」「給料が高い」こういったところでしょうか。

当ブログでは、こういった外資系金融機関の実際の部分や、日系の会社との違いをお話ししたいと思います。 

 

2. 外資系金融の給与

まず皆さんが気になる部分といたしまして、お金というものがあるかと思います。

「激務」や「すぐ首になる」は、正直その人の仕事の仕方や上司との相性というものがあるので、一概には言えませんが、給料に関しては、一般的な会社よりは高いというのは事実のようです。

こちらのページをご覧ください。

www.onecareer.jp

この中に以下のような表がありました。

f:id:finance_blog:20170311225647p:plain

いわゆるベース(基本給)が低い会社でも600万円以上、ボーナス等を加味すると、あっという間に1000万円近くになります。

3. 日系企業の給与

一方で日本の平均年収に関しては、こちらのページのデータをご覧ください。

heikinnenshu.jp

日本の平均年収は?

ここ数年の平均年収からさらに平均を算出した結果、
411万円が平均となりました。
年度事の年収は下記となります。

平成27年度:420万円
平成26年度:415万円
平成25年度:414万円
平成24年度:409万円
平成23年度:414万円
平成22年度:408万円
平成21年度:409万円
平成20年度:412万円

もちろん日本全体の平均年収ですので、非正規雇用等も含まれていますので、一概に比較することはできません。ただ、「外資系金融は給料が高い」というのは事実のようです。

とは言え、外資系・日系問わず同じ金融機関の中でも部署によって、だいぶ給与水準は変わってきます。

やはり一番給与水準が高いと言われる部署は、フロントオフィスと呼ばれるところです。いわゆるトレーダーやセールス、投資銀行業務といった実際に収益を生み出す部署です。ここに入ると、仕事のプレッシャーは絶対的に大きくなりますが、給与水準は高く、外資系金融では数千万円から億に近い報酬を得ることができます。一方でオペレーションと呼ばれる金融事務を行うチームはかなり給与水準は抑えられており、外資系であっても1~2000万円といったところでしょう。(ただしこちらはそこまで業務に対するプレッシャーも高くなく、こつこつ仕事をしていれば、そこまで解雇のリスクも高くないため、ある意味コストパフォーマンスが良いとも言えるかもしれません)

このようにチームによっても大きく報酬は変わってきますが、金融機関は一般的には年収水準は高く、特に外資系であれば報酬面で困ることはほとんどないでしょう。

今回は最初のブログなので、皆さんが気になるであろうお金の話を少ししてみました。今後は金融業界の話を少し掘り下げてみたり、実際に金融機関で働くコツ(どのようなテクニックが必要か)といったことも話してみたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。