金利スワップのデルタはリスク指標であり、PnLに直結するもの!

f:id:finance_blog:20170902180849j:plain

 
皆さん、こんばんは。
 
今回は金利スワップでよく聞くデルタという部分です。

 1. スワップトレーダーはカーブへの感応度で考えている

オプションの時には、オプションが行使される確率というお話をさせていただきましたが、金利スワップの場合はカーブが1bp(bpはベーシスポイントで、1/100%を指します)動いた時の、時価の変化を表しています。
 
例えばあるスワップトレーダーは以下のようなリスクを持っているとします。
(便宜上非常にシンプルにしています)
 
1Y +1000円
3Y -3000円
5Y +4000円
10Y +10000円
 
上の数字はカーブが1bp動いたときに自分のポートフォリオの時価がどのくらい動くかということです。合計すると+12000円です。
 
したがいまして、カーブが1bp上がってくれれば、この人は12,000円儲かることになるのです。逆にカーブが1bp下がってしまえば、12,000円の損をすることを意味しています。
 

2. カーブの動き=損益

 実際のマーケットを見ると、カーブが全体で同じ方向に動くということはありません。例えば3Yは上がったけど、10Yは下がったということはよくあります。そのため、このリスク(デルタ)をどういう風に組むのかがトレーダーとしての腕の見せ所になってきます。
 
一つの考え方は、近い年限のものは同じ方向に動くという考え方を使うことです。どういうことかというと、7Y、8Y、9Yのところは似た動きをしがちです。
ですので、例えばですが、
 
7Y +5000円
8Y -10000円
9Y +5000円
 
このように組むとリスクを最小限に抑えることができます。実際イールドカーブは生き物のようです。フラットになったりスティープになったり、いろいろな動きをします。その中でどういったポジションをもってマーケットに立ち向かうのか、トレーダーは常に考えを巡らせています。